「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ギター( 5 )
黒と白
不調だったPCもやっと、復旧しつつあります。

そもそも、最初はローカルディスクCの容量が限界に近かったことです。
で、ローカルディスクDにデータを移し、ローカルディスクCの容量を確保しようとしました。
その後、ローカルディスクDのデータを一部削除したことから不具合が発生、1回目のリカバリになったわけです。
ここまでは、ある程度覚悟していたので、良いんですが・・・。

リカバリ後、OS、ソフトをインストールしたわけですが、何故かPCをシャットダウンしても、節電モードに入り、
完全に電源が切れなかったんです。
USBで接続された光学式マウスやカードリーダーは、電気が流れたままになってました。

仕方ないのでPCをシャットダウン後、電源そのものを切断して終了してました。

どこに原因があるかわからなかったので、再度リカバリを・・・。

しかし、症状は変わらず・・・。一体、何のためにリカバリしたのやら・・・。

色々と考えた挙句、インストールされたソフトを起動するために電源が切れないようだと、やっと気がつきました。
今まで、使ったことのないソフトだったので、全く気がつきませんでした・・・^^;

結局、BIOSメニューから、設定を変更して解決しました!

メーカー純正のPCには、本当に色んなソフトが入ってます・・・。




ここんとこ、仕事でバタバタしていたこと、日中の暑さでへばっていたこと、PCとの格闘で、ブログの更新や皆さんのブログにも遊びに行けませんでした。
やっと、復旧しつつあるので、久々の更新です。

今日は、久しぶりにギターについて・・・。

私は、現在3本のエレキギター、3本のアコースティックギターがあります。
今回は、エレキ編です。

b0147786_2029223.jpg

まずは、黒のストラトキャスター(以下、ストラト)です。
このストラトはFender USA製で、通称BLACKIE(ブラッキー)と呼ばれているギターです。
ヘッドには、BLACKIEとクラプトンのサインがプリントされてます。
b0147786_20321866.jpg

ブラッキーと言えば、ギターの神様『エリック クラプトン』が数本のギターを1本に組み合わせ18年間愛用したギターですね。
本家本物のブラッキーはチャリティ・オークションで1億円以上の値がつきました。
まさに伝説のギターです・・・。

私が持っているのはレギュラーラインのクラプトン シグネイチャーUp dateモデルです。
現在のご本人の仕様に近いモデルです。

以前はCUSTOM SHOP製も持っていたんですが、このレギュラーラインの方がバランスが良かったので、
CUSTOM SHOP製を売却しました。

このクラプトンモデルにはアクティブブースターという回路が組み込まれています。
Vintage Noiseless(ヴィンテージ ノイズレス)というシングルコイルのピックアップが装着されているわけですが、
このブースターをフルブーストにかければ、音が太く、まるでハムバッカーのピックアップを装着したギターのようになります。
ピックアップとは、弦の振動を拾いアンプで増幅するためにつけられた部品です。
マイクのような物ですね。
b0147786_20542947.jpg
ちなみにこのギターはアクティブ回路になっていますので、電池がないと音が出ません。
普通のストラトはパッシブ回路なので、電池は要りません^^
エリック クラプトン氏はアームを使いませんので、ブリッジはネック材と同じメイプルで固定されてます。
b0147786_2056360.jpg


続いて白・・・。
ブラッキーに対して、こちらは通称ホワイティと呼ばれているようです。
b0147786_2131182.jpg
b0147786_2132128.jpg

こちらも、クラプトン シグネイチャーモデルです。
アクティブブースター回路になっているので、電池がなくなると音が出ません。
1996年製で、Fender社、創立50周年記念モデルです。
ピックアップはLace sensor(レースセンサー)です。
Vintage Noiselessよりも、鋭い感じ?の音がします。
ネックのシェイプも、Up dateモデルよりキツイVになってますね。


ご本人は、このLace sensorの方が気に入っているようで、契約が切れているにも関わらず、ライブで使ったりしていると聞いたことがあります。
勿論、定かではないですが・・・^^;
どちらかと言うと、私もLace sensorが好きですね。

このホワイティはブリッジを固定しているメイプル材を外してアームを付け、ブラッキーと使い分けてます。
と言っても、腕の方はなんちゃってですが・・・^^;
それに最近はエレキを弾いてません。
たまには、練習しないと・・・。
[PR]
by nanchattebluesman | 2009-06-17 21:28 | ギター
復活です
Arai Diamondが復活しました。
って、かなり前に復活はさせていたんですが・・・。

交換弦は、エレキ用Elixir NANOWEB ライトゲージを使用しました。
b0147786_2054758.jpg

このギターは私のではありません。
弟に引き渡してしまえば、恐らく当分、弾かれることはないでしょう・・・。
なので、今回は長持ちするという理由だけで選びました。

本当は極太エレキ弦を使いたかったんですが、そんな弦を使ってしまえば余計に弾きにくくなります。
それに、ボディは箱ですが、フルアコはやっぱりエレキです。
もし、私が借りる時もチョーキングしにくくなりますしね・・・。

b0147786_214746.jpg


見た目にはフレット磨いて、弦を交換するだけで済むと思っていたんですが、
ネックが順反りになっていたのか、8フレットだけ音が出ません。
で、弦高の調整に結構、時間がかかってしまいました。
トラスロッドもいっぱいまで締められて、ネック調整の余地はありません。
出来るだけ弦高は低くしたかったので、何度も(弦を)緩めてはサドルを上げ、音の出具合を確認して、また調整・・・。
何とか、ギリギリのところを見つけましたが、やはり少し高い・・・。
まぁ、良しとしようという事で妥協・・・。
今度はオクターブを調整するため、また弦を緩めて・・・。
こちらも、完璧には合わないので、適当なところを探して終了しました。

肝心の音ですが、私にはよく分かりません・・・^^;
私の持っているアンプ、そして、私の腕ではこのギター本来の音を出せないんだと思います。
リバーブをかけて、しんみりとJAZZを弾ければ良いのかもしれませんけど・・・。

やはり、ストラトキャスターの方が私は好きですね^^





ここ最近、撮影にも行けておらず、長い時間PCの前に座っている気力もなく、皆さんのブログにもあまり遊びにも行けず、
ギターも上手く弾けず(元々、下手なんですが・・・)何をやっても調子がでません・・・。
少し、ガス抜きが必要かもしれません。

という訳で、コメント閉めておきたいと思います。
皆さん、見捨てないで下さいね^^;;
[PR]
by nanchattebluesman | 2008-10-07 21:33 | ギター
TEARS IN HEAVEN
これから私が練習しようとしている曲です。


TEARS IN HEAVENと言えば世界的に有名な曲ですので、ご存知の方も多いと思います。
『エリック クラプトン』の代表曲の1つですね。
元々、映画『ラッシュ』のために書き下ろした曲なんだそうですが、残念ながら映画はあまり注目されませんでした。
むしろ、事故死した息子さんに捧げる曲として大ヒットしました。

このTEARS IN HEAVENをソロギターにアレンジしたアルバムがあります。

ソロギターとは文字通り、1本のギターのみで演奏します。
音楽は色んな楽器(ベース、ギター、ドラム、ピアノetc.)で演奏することが多いです。
そして色んなパート(伴奏楽器、メロディ楽器、歌etc.)に分かれてますが、
ソロギターの場合は全て1本のギターで演奏します。
時にはボディを叩いて打楽器にしてみたりもします。
押尾コータローさんで有名になったジャンルではないかと思います。

このTEARS IN HEAVENですが、私の先輩でギターの師匠(私をワナにはめて、
ギター沼に引きずり込んだ張本人とも言えます)がソロギターにアレンジされたTEARS IN HEAVENを聴いて、
とても気に入ったということで私に教えてくれました。
私もこの曲は元々、大好きでなんですが弾いたことがありませんでした。

で、私の先輩はアレンジされたTEARS IN HEAVENを聴いて耳コピしたそうです。
と、ここまでなら先輩はいつもやってることで、特に記事にするようなことではないんですが・・・。
私がクラプトン好きな事をよく知ってる先輩でありますので、わざわざ私のために楽譜を作ってくれました!

これが作ってくれた楽譜です。
私は耳コピなんて、全くできません!したがって楽譜がないと弾けないんです・・・。
先輩が自分で弾いてみて、これなら頑張ればヘッポコな私にも弾けるであろうと判断して、手間をかけて作ってくれたんです。

これは大きなプレッシャーです!

CDを聴いてみると、オリジナル感を損なうことなく、ホントに綺麗にアレンジされていて、まさにソロギターのTEARS IN HEAVENです。
これが結構、難しそうなんです・・・^^;

ですが、大好きな曲であり、手間をかけて楽譜まで作ってくれた先輩に恩返しするためには絶対に弾けるようにしなければなりません!

という訳で、練習を始めたいと思います!
一体、いつになったら弾けるようになるのやら・・・^^;
[PR]
by nanchattebluesman | 2008-10-01 20:55 | ギター
現在メンテナンス中
私の弟が所属しているJAZZバンドの倉庫に長い年月の間、眠っていたギターです。
b0147786_2328091.jpg

Arai Diamondというメーカーのフルアコです。
b0147786_23311279.jpg

弟がもらってきたのですが、弟のパートはトランペットで、ギターは全く弾けません。
ということで、私がメンテナンスをすることにしました。
長い間、放置されていたのですが、幸いにもハードケースにしまわれてしたこともあり、案外、綺麗でした。
トップの塗装(ラッカーだと思います)にいくつかクラックが入っていますが、これがまたシブいんです^^
結構な年代物のギターみたいですね。
b0147786_23471221.jpg

放置されていたので当然ですが、弦、フレットはサビサビです。
ピックアップはフロント、リヤ共に問題もなく、ヴォリュームポッドもガリ音が少なくこのまま使えそうです!
早速、弦を全て外して、フレットを磨いてと思い、一気に弦を外しにかかりました!
いつもは、ギターを寝かせて弦の交換をするんですが、今日はギターをたてたままで・・・。
その瞬間です、サドルが落ちてしまいました!
すっかり、忘れてました・・・。フルアコタイプのギターはサドルが固定されてないんですね・・・。
せめて、マーキングくらいして外せばよかったんですが・・・。
オクターブ調整がメンドーです(涙)
b0147786_23495098.jpg

今日はあいにく、丁度いい弦がなかったので、交換をすることができませんでした。

ところで、私はこのメーカーの事を全く知りません。
ネットで調べてみても、あまり詳しいことはわかりませんでした・・・。
ヴァイオリンも作ってるようですが・・・。
どなたか、ご存知な方はいらっしゃいませんか?
結構、作りもよく、洒落た音を出してくれそうです^^
[PR]
by nanchattebluesman | 2008-09-29 23:58 | ギター
久しぶりに・・・
昨日、久しぶりにギターの弦を交換しました。
3ヶ月くらい前に切れたままだったんです・・・。

放置されていたかわいそうなギターはFender製のエレアコESA-10CEです。
このギターはシンガーソングライターのYUIさんが使っているものと同型のものです。
去年、ライブでは使ってましたね。最近はマーチンのギターを使っているのをテレビではよく見ますけど。
b0147786_22234077.jpg

私は普段、ブルーズやロック(たまにジャズ)を聞くことが多く、その中でも特にエリック・クラプトンの大ファンなのです。
現在、エレキギター、アコースティックギター合わせて5本のギターがありますが、内3本はクラプトンモデルです。
YUIさんは結構前から良いなぁとは思っていたんですが、まさか同型のギターを買うとは思ってませんでした。

購入のきっかけは映画『タイヨウのうた』を見て、YUIってカッコいいやん!カワイイし!と思った瞬間、いつもの欲しい欲しい病が発症してしまいました・・・^^;
で、去年の暮れギリギリでギターを1本、売却して買ってしまいました。
音の方はまだまだ、これからって感じはしますが、弾きやすく気に入ってますね^^
ただ、その後に練習を始めたジャンルの曲にはちょっとなぁ・・・と思うこともありますけど、簡単に買い替えはできないので、もう少し、色々工夫しないといけません。

今回、交換した弦はElixirのライトゲージです。
b0147786_22502113.jpg

今まではマーチンの弦を使っていましたが、まとめ買いしていた在庫もなくなり、ESA-10CEとの相性もイマイチのような気がしていたので、以前から気になっていたElixirにしてみました。
この弦、いつも私が使っていた弦より2倍くらい高いんです。
それで、躊躇していたんですが、3倍くらい長持ちするという事と、一度は試してみたいと思って今回の購入になりました。

弦を交換する前のかわいそうなギターです。
b0147786_22573174.jpg

弦を全てはずし、指板を綺麗にふき取ります。
今回は弦高を少し下げる為に、サドルもはずして、削ります。
b0147786_232217.jpg

削ったサドルを戻し、弦を全て張って完成です。
思ったより、弦高が下がりませんでした。削り足りなかったようですが、今回はこれで、良しとしておきます。
サドルにはまだまだ余裕がありますし、ゆっくり少しずつ削って調整していきます。
b0147786_2361762.jpg

新しい弦はやっぱり気持ちいいです!


最近は少し手を抜いてこのチューナーを使ってます。
オープンチューニングする時にはスゴク便利ですね!
ヘッドの部分にクリップではさんで使用します。
最終的にはチューナーを無視して音を聞きながら微調整しますけど。
b0147786_2311456.jpg

[PR]
by nanchattebluesman | 2008-08-07 23:20 | ギター